JAAS推奨 美容形成スキルとその症例

持続期間が長い二重埋没法「エクセレントアイ」

■二重整形について

二重整形には、まぶたをメスで切開しラインを作る切開法と、糸で留めて二重ラインを作る埋没法の2通りに区分されることが多い。(その他、2つの方法をミックスした術式もあり)
切開法ははっきりした深い二重まぶたになることが多く、またほぼ永久的に戻らないという利点がある。ただしメスを使う手術のため逆に元に戻すことができないため、まずはトライアルでやってみたい、将来的に二重ラインを替える可能性もある、という場合には埋没法による二重整形の選択が適している。
二重埋没法はメスを使用せずに皮膚と瞼板もしくは筋肉を糸で固定して二重ラインを形成する手法で、糸で固定する数によって1点止め、2点止め、3点止めといくつかの方法に分類される。
二重整形は多くの美容クリニックで行っているものの、細かな術式や方法はそれぞれ異なることが多い。また術後に「すぐに二重が取れてしまった」「希望していた二重のラインと異なる」と相談に来るケースもあるという。事前のカウンセリングで医師が直接メリットとデメリットを説明することはもちろん、個人差があるとはいえ症例写真等によって出来あがりをある程度イメージできる状態にすることが重要だ。

■エクセレントアイについて

新宿ラクルクリニックで行っている二重埋没法エクセレントアイは、ほどけにくい独自の極細糸を使用している上に、縫合の際にはこの糸をさらに外れにくい手法で結び留めているため一般的な二重埋没法よりも持続性に優れているといえる。持続性がある二重整形は一時的とはいえ術後の腫れが長く出てしまうケースが多いが、エクセレントアイは埋没法のひとつのため術後の腫れも最小限に抑えることができる点も特長だ。
埋没法の場合、万が一ラインに納得できなかった場合は元に戻すこともできるため、初めて二重整形をする人や将来的にラインを替えることも考えている人に特に人気だという。

■以下のような方に適しています

・まぶたを切開することには抵抗がある
・まずは手軽な埋没法でトライしたい
・できるだけ長く二重ラインを保ちたい
・ダウンタイムの時間を確保できないため手軽な二重法がよい

■施術詳細

施術時間 :15~20分 
麻酔   :局所麻酔/笑気ガス/点眼麻酔
腫れ   :個人差があるものの1週間ほど
傷跡   :メスを使わないため傷跡はほぼ目立たない
通院   :なし
お薬   :痛み止め、抗生剤
メイク  :アイメイクは翌日から、それ以外は当日から
シャワー :当日から可能ですが、洗顔の際には目元を擦らないようにする
入浴   :当日から可能

■その他の留意点

・コンタクトレンズは翌日から使用可能だが、違和感がある場合は、2~3日は様子を見る。
・術後の腫れが心配な場合はサングラスやメガネの持参も可能です。


取材協力:新宿ラクル美容外科クリニック
山本厚志 院長
〒160-0023東京都新宿区西新宿7-11-15 サンフル西新宿2F
TEL:03-5332-7773
※二重埋没法エクセレントアイについて

↑ページの先頭へ戻る