JAAS推奨 美容形成スキルとその症例

プロテーゼによる隆鼻術症例(他院の修正含む)

JHMでもすでに紹介したとおり、小鼻縮小術においてはメスを使わないプチ整形が伸びてきているが、鼻筋を通したいというニーズについては、やはりプロテーゼを使った隆鼻術が最もメジャーである。手軽さが人気のヒアルロン酸等の注入術の場合、定期的な注入が必要だったり、また時間の経過とともに次第に鼻筋が横に広がっていくこともある。半永久的に理想の鼻筋を維持することができるプロテーゼだが、執刀する医師に適切な技術力がないと、想像していた鼻筋と異なる形になったり、場合によってはプロテーゼが鼻から飛び出してしまう可能性があるため注意が必要だ。

プロテーゼは、心臓手術や人工関節でも使われる人間の軟骨に近いシリコン性の医療材料でできており、個々の鼻の形にあわせ加工したものを骨膜下に挿入する隆鼻術だ。注入術と異なり、一度挿入すると半永久的に鼻筋を維持することができる人気の施術である。

以下はプロテーゼ挿入1か月の症例である。この症例では、元来鼻筋がほとんどなく眼鏡がずり落ちるため、高い鼻にするよりも自然な鼻筋を通すことを重視した。特に鼻根部がかなり低かったためプロテーゼを絶妙なラインで挿入することで、プロテーゼが入っているのが分からない程度の自然な鼻筋を作っている。
鼻は人間の顔の中心にあるため少しでも形や高さが変わると大きく印象が変わる部位である。また他のパーツとのバランスもあるため、高くすればいいというものでもない。理想の高さや鼻筋を事前に医師としっかり話し合うことが特に重要だ。

半永久的に鼻筋を維持できる魅力的な隆鼻術であるものの、プロテーゼ挿入後の相談も実は多いという。以下症例は、ある大手美容クリニックで2年前にプロテーゼ挿入を行ったものの、次第にずれて鼻筋が曲がってしまった症例だ。

このようにプロテーゼの位置がずれる原因は、プロテーゼを骨膜下に挿入できてないからだという。
鼻は鼻骨、骨膜、皮下組織、皮膚という断面になっているが、この骨に張り付いている骨膜下に入れることでプロテーゼが固定される。逆に皮膚の下に挿入するだけでは前後左右に動いてしまうためこの症例のように鼻筋が変形してしまう。なお本症例では、本人の希望でアングロサクソン風の高めの鼻を希望している。日本人なので100%同じような形にはできないが、事前に理想形や術後のイメージなども時間をかけて話し合った上で施術を行っているため術後の満足度も高いという。

安価なキャンペーンを目玉にした広告も見受けられる昨今だが、医師がしっかりと事前にカウンセリングを行い、且つ正しい施術を行わないとこのような修正が必要になることもある。価格が安ければよいと思わずにしっかり比較検討した上で医師選びを行ってほしいと真に願う。


取材協力:新宿ラクル美容外科クリニック
山本厚志 院長
〒160-0023東京都新宿区西新宿7-11-15 サンフル西新宿2F
TEL:03-5332-7773
※プロテーゼ隆鼻術について

↑ページの先頭へ戻る