Focus!プロフェッショナル・ドクター

アンチエイジング美容医療業界における、
JAAS厳選のスペシャリスト達を取材・レポートしていきます。

医療における健康づくりを目指す


スポーツ・栄養クリニック
20171004022

スポーツ・栄養クリニック 武田 淳也 先生

本格的なピラティスを医療に取り込んだ第一人者

福岡市と東京代官山の2か所でクリニックを構えるスポーツ・栄養クリニックは、開業当初から「医療における健康づくり」をモットーに、整形外科やリハビリテーション科を中心としてペインクリニック、リウマチ科、スポーツ・ダンス医学外来、ウエイトマネジメント外来、通所リハビリ、訪問リハビリまで幅広い診療を行っている。理事長の武田医師は、整形外科専門医、スポーツドクター、また抗加齢医学専門医でもあり、幅広い医療分野で活躍している上に、自身がピラティス指導者であり、かつ本格的なピラティスを医療現場に取り入れた日本で初めての医師である。九州・福岡、東京・代官山のクリニック併設のスタジオは、日本で最初にPMA(Pilates Method Alliance:国際的なピラティス指導者としての資格基準を定めている唯一の非営利組織)に認められた日本のピラティス史に刻まれる本格的なスタジオであり、日々多くの患者や一般の方からアスリート・パフォーマーまでがエクササイズを通じて受け身でなくアクティブに自らのその時のOptimal Health(最適な健康)を創るために来院している。
今回は武田医師に、各種整形外科疾患や血管系機能低下、老化などに対してピラティスがもたらす効果や、今後のさらなる可能性についてなど話を伺った。

アメリカ留学でピラティスの医学的効果を肌で知る

スポーツ・栄養クリニック代官山に併設されているスタジオには、様々な設備が設置されている。ピラティス創始者ジョセフ・ピラティス氏が自ら開発した「リフォーマー」は、全身の様々な筋力、柔軟性、バランスなどの身体機能向上のためのトレーニングができるマシンだ。その他、チェアーやスパインコレクターなど様々な専用のマシンが整っており、その様子はジムでよく見かけるマットピラティスとは一線を画す光景だ。
同クリニックの理事長武田医師は、アメリカへスポーツ医として研修留学した際に、日本とは全く異なるスポーツ医療の様子を目の当たりにする。その中でも最も驚いたのがピラティスの活用だ。日本では、ジムなどで見かけるフィットネスの一環としてのマットプラティスが一般的に知られているが、本来ピラティスとは、正しい姿勢とカラダ*の使い方を修得するための方法であり、運動法であり、また、哲学である。
さらに身体の芯となる部分の筋肉バランスを改善しトレーニングするエクササイズで、腰痛などの整形外科疾患や生活習慣病のリハビリ、ウエイトマネジメントにも効果的であるという論文も多数発表されている。武田医師は本場アメリカの著名なスポーツクリニックにて、Dr.James G.Garrickから直々にスポーツ医学について学ぶ中で、日本でも同様にピラティスを活用した診療を行おうと決意する。

手術だけでは100%の完治が難しいのが泌尿器・整形外科分野

日本でも昨今、予防医学の重要性が言われているが、特に整形外科領域は運動器を扱う分野であり、運動器の使い方いかんが予後や再発に関わってくるため、正しい姿勢や身体の使い方を修得することが欠かせない。さらに武田医師が開業後から今に至るまで、積極的に推進している予防医療的アプローチに、骨盤底筋のトレーニングがある。
アメリカの婦人泌尿器科のDr.Bruce Crawfordは、尿失禁や泌尿器科のトラブルを抱える患者へ手術を行っても、一定の割合で効果が出ないこと、また手術に成功しても再手術になる患者が一定数いるためその理由を考えた。その結果、手術によって泌尿器や周囲の組織にいくら外科的アプローチをしても、結局はそれらの組織を支える骨盤底筋が骨格筋である限り、しっかり鍛えて筋萎縮を改善することが大切であることに気づく。アメリカでは高齢者が介護施設に預けられる理由の一番が、排尿・排便トラブルだ。一方、武田医師は日本においては外来ではあまりそういった話を聞かないことに気づく。おばあちゃんが認知症になって介護施設に入ったと聞くことがあるが、もしかすると、ご家族はなかなか本当のことを話したがらないものの、実態では泌尿器系の疾患が原因で施設に入っている人も多いのではないかと思い始めたという。
そんな中で、米国で開催されたピラティスの国際的なリハビリサミットに参加した際に、武田医師はDr.Crawfordのピフィラティス(PfilatesTM)という機能的な骨盤底筋のトレーニング法に出会う。

骨盤底筋の機能強化法「ピフィラティス」との出会い

ピフィラティスは、120以上の様々なエクササイズの中から、骨盤底筋の強化に最適なエクササイズを10種類ピックアップしたもので、泌尿器関連のトラブル予防のために米国の婦人泌尿器外科医Dr.Crawfordが開発した。エクササイズは難しいものではなく、スクワット、ランジなどシンプルなものが中心だ。骨盤底筋を鍛えるためには、ランニングなどの運動よりもスキップのように弾む上下運動(パルス運動)が効果的で、本人は意識できなくとも、骨盤底筋の伸張と収縮を繰り返すことで瞬発力を鍛え、機能が向上し尿漏れや尿失禁を防ぐことに繋がる。その他、骨盤周辺の筋力を強化することで、骨盤内の神経の働きも活性化し、便失禁、男性の勃起不全などの解消に繋がることも多いという。なおこの身体を上下に弾ませるパルス運動は、一度に複数の筋肉を鍛えられるため、骨盤の緩み対策だけではなく、瞬発力が求められる一流スポーツ選手のトレーニングでも同様の方法が取り入れられている。武田医師はこのピフィラティスを使った予防医療に大きな可能性を見出し、理論を学び、指導者としてマスタートレーナーの資格を取得するだけでなく、現在はアジア地区全体のコースコーディネーターも務める。
現在は、様々な学会でピフィラティスやピラティスの医学的活用法や研究結果について講演を行う他、日本人向けにピフィラティスの資格取得講習を開催しており、日本国内では700人を超える指導者が生まれている。理学療法士や助産師、看護師、さらに泌尿器科や婦人科、整形外科の医師などが資格を取得しており、手術や投薬治療などとは異なるエクササイズという形で頻尿や尿漏れのより良い改善に成果を挙げている。

一時の流行ではなく医療としてしっかりピラティスを根付かせたい

日本で初めてピラティスを本格的に医療現場に取り入れたスポーツ・栄養クリニックは、現在は若者から高齢者まで幅広い層の患者、クライアントが訪れ、診療はもちろんのこと、専門トレーナーによるピラティスを活用したエクササイズを併設スタジオで行っている。冒頭で紹介したピラティス関連のマシンだけではなく、国内ではまだ珍しいCoreAlignR、サスペンショントレーニングBodhiR?など最新のエクササイズを通じてモーターコントロール(正しい姿勢と身体の使い方)を習得することができる。また、低周波電流を使った「オージオトロンEF-250」、マイクロ波治療機「マイクロサーミー ME-8250」、超音波治療器「イトー UST-770」などの血行促進、関節痛緩和、さらには骨折部の早期骨癒合を可能にする様々な治療用マシンはもちろんのこと、X線、腰椎・大腿骨頸部骨密度DEXA検査「日立アロカメディカルDCS?900EX」、ドップラー付超音波「日立アロカメディカルNobles」、動脈硬化を早期発見する血管内皮機能FMD検査「ユネクス F18VG」なども取り揃えている。
さらに武田医師は、栄養面からのアプローチにも着目する。しばしば「体重を減らすために必要なことは?」といったことが問われるが、体重の減少のためには「過剰な体脂肪を減らす」ことがポイントになる。しかし、体重を気にはしているものの、自身の体脂肪量の変動について定期的にチェックしている人が意外と少ないというのが実際だと同氏は話す。
そこで同クリニックでは、健康にとって大切な「筋肉」を減らすことなく、無駄な「体脂肪」のみを減らすことを目標とした栄養相談を希望の方向けに、専用マシンで体組成をチェックし、現状の筋肉量・体脂肪量が、適正値に対してどの程度の差が生じているのか、またそれらの原因となる食習慣の問診も行い、体組成改善に向けてバランスの良い食の行動指針を、具体的に分かりやすく個別にアドバイスしている。
またアドバイスだけではなく、福岡・代官山に合計4名の常勤専属の管理栄養士が在籍しており、院内に完備しているカウンターキッチンにて随時管理栄養士による食と栄養の講座を開催している。座学だけでなく、キッチンを用いた食のワークショップも積極的に開催することで、参加者の目の前で調理の実演も行うなど、より実践的・継続的な栄養教育に、力を入れている。

武田医師は最後に、ピラティスについてこう話す。「一時期のブームで去って行ったダイエット方法や健康法は沢山ありますが、ピラティスにはきちんとしたエビデンスがあります。私はピラティス創始者であるジョセフ・ピラティス氏の著書「Return to Life Through Contrology」の日本語翻訳を任され監訳・出版しましたが、その中でピラティス氏は、『今よりももう少しでも一人ひとりが自分自身を使いこなせるようになれば』という想いを綴っているのです。私はそういう意味で、ピラティスを『カラダ*取説(トリセツ)』と呼び、努めて誤解なく広まるように心がけてきました。ピラティスについては、一時の流行に流されてしまうことなく、正しい医療の一環としてますます広く認知され活用されるように、少しでも役立てればと考えています。」 
*カタカナで「カラダ」と表記している場合はBody、Mind、Spiritを全て含む。

【ドクタープロフィール】

2017100405

スポーツ・栄養クリニック 武田淳也

福岡大学医学部卒業後、福岡大学病院整形外科教室へ入局。
その後、福岡市保健福祉局、広島県立病院麻酔救命救急治療科を経て、島根医大整形外科、アメリカへスポーツ医学研修留学。川嶌整形外科病院、船橋整形外科スポーツ医学センター等で研修、勤務。2005年、福岡にスポーツ・栄養クリニックを開業。2013年東京都渋谷区代官山に2院目となるスポーツ・栄養クリニック代官山を開業。

【所属学会・専門医】
日本整形外科学会認定専門医/認定スポーツ医/認定運動器リハビリテーション医/認定脊椎脊髄病医/認定リウマチ医・日本体育協会公認スポーツドクター・日本医師会認定健康スポーツ医/認定産業医・日本臨床内科医会認定専門医・日本糖尿病協会療養指導医・認知症相談医・日本抗加齢医学会認定専門医・評議員・日本骨粗鬆症学会認定医・ロコモアドバイスドクター・義肢装具判定医・介護支援専門員・全日本スキー連盟公認指導員/検定員/ドクターパトロール・NPO法人芸術家のくすり箱プロフェッショナル会員(ダンサー、芸術家のメディカルサポート)・日本ピラティス研究会会長・Motor Control:ビヨンドピラティス認定インストラクター/講師/創始者・Core AlignR認定インストラクター/講師(日本に5人)・Pfilates?認定インストラクター/講師(日本に5人)/アジアエリアコーディネーター・サスペンショントレーニングBodhiR認定インストラクター/講師(日本に2人)・日本経済大学健康スポーツ経営学科客員教授

クリニック情報

2017100401
スポーツ・栄養クリニック東京/恵比寿
住所
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-21-4 代官山パークス3F
アクセス
東急東横線「代官山駅」徒歩2分
電話番号
03-6416-1674
診療時間
10:00~20:0010:00~14:00、15:00~19:00 ※曜日、診療科目で多少前後します
定休日
日・祝
URL
http://www.clinicsn.com/

↑ページの先頭へ戻る