Focus!プロフェッショナル・ドクター

アンチエイジング美容医療業界における、
JAAS厳選のスペシャリスト達を取材・レポートしていきます。

歯科従事者や内科・外科医とのチーム医療を実現

オーラルプロポーションクリニック

オーラルプロポーションクリニック院長  小野貴庸先生

長年の大学病院での口腔外科治療経験から
噛み合わせや健康面を重視した審美治療を提案

幅広い分野の専門家と連携し、健康的な歯並び・噛み合わせを実現!

渋谷駅東口から徒歩数分の場所にあるオーラルプロポーションクリニック。院内は温かみのある黄色を中心とした配色で、ほっとする魅力的なインテリアが並ぶ。さらに8階のフロアの窓からは宮下公園や明治通りの街路樹が見え、診察や治療に緊張して来た患者の心も安らぎそうな雰囲気だ。2008年にこの場所に開院したオーラルプロポーションクリニックは、現在は顎口腔矯正、再生医療、インプラント、入れ歯、そして訪問歯科専門の施設やプレミアムオーラルケア専門のサロンをも併設している。
長きに渡り大学病院の口腔外科で交通事故患者などの治療に携わってきた院長の小野貴庸先生は、現在も当時と同じように、人生に関わる大事な治療を行っているという意識を忘れずに一人ひとりの診療を行っている。今回は小野院長に同クリニックの特徴について話を伺った。

口腔外科治療経験をより幅広い分野で活かしたい

オーラルプロポーションクリニック院長の小野貴庸先生は、大学卒業後は大学病院の口腔外科へ入局し、交通事故によって損傷した口腔内の手術や、悪性腫瘍に侵された歯茎の手術等を多数行ってきたという。生死にも関連する難しい症例が多く、脳外科医、緊急外科医等と連携して手術を多数行う中で、これらで学んだ知識や技術をもっと一般的な方々の治療へ活かせないかと考え、6年の大学病院勤務を経て渋谷のこの地に自由診療専門のオーラルプロポーションクリニックを開業した。
歯科治療というと、「痛い」「怖い」というイメージが先行しがちだが、そういった先入観を払拭するために小野院長は、クリニックの内装は温かみがある黄色の色調を中心に、至る所に心が安らぐようなフラワーアレンジメントやインテリアを配置するなど、患者ができるだけ安心できる空間作りを意識したという。
また、開業後も口腔外科時代と同じようにひとりの患者と向き合う時間をじっくり確保するために、現在も1日に診察する患者は多くても5人程度にするなど、患者目線の治療スタイルを徹底している。

幅広いメニューを取りそろえた総合口腔医療機関

総合口腔医療機関とも言えるオーラルプロポーションクリニックでは、口腔に関して相談に来る患者にベストな提案をするために様々なメニューを取りそろえている。審美歯科・美容歯科治療をはじめ、インプラント治療、矯正歯科、ホワイトニング、歯のクリーニングやオーラルケア、歯周 病治療、根管治療、義歯・入れ歯治療などその内容は実に幅広い。特にジルコニアセラミッククラウンを使用した矯正歯科治療は取り扱っているクリニックがまだ少ないこともあり問合せや相談が特に多いという。またそれ以外では、受け口や出っ歯、歯並びの乱れを気にして噛み合わせをよくするために口元を整えたいという希望も多く、通常の矯正歯科では行っていない下顎枝矢状分割術や上顎・下顎のセットバックやオトガイ形成といった治療にも問合せが多くある。
そして同クリニックではこれらの幅広い治療を全て可能にするために、院内には歯科専用の機器はもちろん、外科処置専用の手術室にあわせ、治療の精度を高めるためのCT(コンピュータ断層撮影)、 マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)、レーザー等の高度医療機器など国内最高水準の機器を取りそろえ、万全の体制で口腔治療を行っている。

チーム連携、医師連携を積極的に実施

幅広い口腔治療を行っている同クリニックでは、院内に常駐した専門スタッフによるチーム連携を強化しており、それぞれの専門的な治療やケアは口腔外科医、補綴医、矯正医といった専門医と歯科衛生士、歯科技工士、サポートスタッフなどの各分野のプロフェッショナルが担当している。患者の治療計画についても院長1名で決定せずに、各分野の専門医が全員集まり治療計画を作成・検討しているという徹底ぶりだ。
もちろん全ての治療における総指揮は小野院長が行っているが、同院では患者により安全で安心できる治療を提供するために専門家集団によるチーム医療を実践しているという。この方針も、小野院長が大学病院で口腔外科治療を行ってきた経験に基づき導入されている。
このようなチーム医療は、何もクリニック内に留まらない。口腔外科の場合、顔面神経や筋肉といった部分が治療に関連することもあるため、歯科分野に限らず、内科医や形成外科医との連携も心掛けている。そんな小野院長のもとには、都内近郊の矯正歯科や、同クリニックを卒業し独立開業した医師から口腔外科手術の相談や患者の紹介も多くあるという。専門医同士の連携を徹底し実践しているからこその信頼の証であろう。

美容診療、訪問歯科診療など次なる展開へ

同クリニックは開業以来、総合口腔医療機関として口腔内や口元の治療を行っているが、治療によって噛み合わせが整った上に見た目もきれいになったことで、自分磨きに前向きに明るくなり、口腔内の治療を終えた患者が口元のしわやたるみを気にして後日相談に来るケースが増えてきている。こういったニーズにもきちんと対応するために、小野院長は専門の医師を新たに採用してボトックス注射や水光注射を行うなど、更なる顧客満足度アップを目指しているという。
また超高齢化社会へと突入する日本においてますます需要が高まっていく在宅訪問歯科にもすでに取組み始めている。摂食嚥下の場合はファイバースコープによる診療が必要になるが、救急医時代からこれらの機器を日常的に使用してきた小野院長の手技は訪問診療でも活かされており、現在は渋谷・港区等を中心として訪問診療による口腔ケア、虫歯治療等も行っている。

大学病院での口腔外科治療経験を活かしたいという想いで自由診療中心のクリニックを立ち上げた小野院長は、自身の経験が少しでも役立つ分野があれば、各分野の先生方と連携しながら様々な治療に貢献していきたいと話す。その真っ直ぐな視線は、町に信号が1つしかなかったという岡山の田舎から都会にあこがれて上京してきたという10代の頃と、変わらず濁りなく澄み渡っているようだ。
軒並み増えている自由診療のクリニックにおいて今後必要なのは、クリニック間での過度な競争ではなく、それぞれの強みを活かした連携・協調ではないだろうかと強く感じた。

【ドクタープロフィール】

オーラルプロポーションクリニック 小野貴庸 院長

明海大学歯学部卒業後、東京医科大学病院口腔外科へ入局。全身疾患における歯科治療や全身麻酔による口腔外科手術を専門に行う。2005年オーラルプロポーションクリニック開設。現在は東京口腔インプラントセンター、オーラルケアサロンパール、東京精密入れ歯センター、東京口腔再生医療センター、東京口腔インプラントセンター、東京訪問歯科センター、顎航空矯正歯科センターを併設。

所属学会
日本口腔インプラント学会、ICOI(国際インプラント学会)、O.J.(Osseointegration Study Club of Japan)、臨床歯周病学会、日本歯科麻酔学会、日本歯科審美学会、日本口腔外科学会、ISOI(国際口腔インプラント学会)、日本歯周病学会、AAP(アメリカ歯周病学会)、日本抗加齢医学会

専門分野
口腔外科・インプラント・審美修復治療

クリニック情報

オーラルプロポーションクリニック東京都渋谷区
住所
東京都渋谷区渋谷1-23-18 ワールドイーストビル8F
アクセス
各線「渋谷駅」 徒歩4分
電話番号
0120-159-149
診療時間
前半 09:30~13:30(受付13:00) 後半 15:30~19:30(受付18:00
定休日
無休
URL
http://www.oralpro.jp

↑ページの先頭へ戻る