Focus!プロフェッショナル・ドクター

アンチエイジング美容医療業界における、
JAAS厳選のスペシャリスト達を取材・レポートしていきます。

徹底したオーダーメイド治療でファン作りに成功!

しげまりこ皮膚科クリニック

しげまりこ皮膚科クリニック院長 重麻梨子先生

キャンペーンやコースを作らず
オーダーメイド治療で一人ひとりの悩みにあわせたメニューを提案
カウンセリング重視の治療で信頼される美容医療を提供

京都というと歴史のある趣のある建物を想像するが、しげまりこ皮膚科クリニックがある北山エリアの場合は、少し雰囲気が異なる。近隣には観光客に人気の修学院、紅葉で人気の実相院、さらに大文字送り火のひとつである松ヶ崎妙法等があるが、最寄り駅の松ヶ崎駅を降りるとそこはイチョウ並木とモダンな建物が並んでおり、さながら避暑地のような雰囲気だ。同クリニックが面する北山通りはお洒落なブティック等が並ぶエリアとして人気を集め、最近では教会やウェディング施設が多く立ち並び「北山ウェディングストリート」としてカップルから注目を集めている。今回は、この北山通り沿いで美容皮膚科・皮膚科を標ぼうしているしげまりこ皮膚科クリニック院長重麻梨子先生に話を伺った。

患者目線のクリニックを立ち上げたい

しげまりこ皮膚科クリニック院長の重麻梨子先生は神戸で生まれた後、両親の海外転勤のため幼少期を長くドイツで過ごしたという。その後も国内外で転勤を何度か繰り返し、現在はクリニックがある京都市内で技術研鑽を行っている開業前は大学付属病院をはじめとする総合病院の皮膚科で長きに渡り診療を行っていたが、もっと患者に寄り添った治療を行いたいとの想いで33歳の時にしげまりこ皮膚科クリニックを開院する。
同クリニックでは、「誠実に・丁寧に」という想いをスタッフ全員が徹底し、治療やカウンセリング、フォローに至るまで真摯な対応を心掛けている。治療にあたっては保険診療も含めて完全予約制をとり、患者を待たせずにカウンセリングでは有意義な時間を過ごすことができるようにと、配慮をするなど様々な箇所にきめ細やかなフォローを行っている。

ダウンタイムが少なく、リーズナブルな価格の治療を導入

現在同クリニックでは、美容皮膚科と皮膚科を標ぼうしており、皮膚科ではアトピー性皮膚炎、円形脱毛症、尋常性乾癬、尋常性白斑といった治療を、また美容皮膚科ではレーザーや光治療、注入、アンチエイジング注射、内服薬治療など幅広い治療を行っている。特にアンチエイジング治療として人気なのが、IntraGen(イントラジェン)によるRF(ラジオ波)治療だ。
数あるRF治療の中でも、IntraGen(イントラジェン)はGFR(Grid Fractional Radio freqency)を搭載しているため真皮のコラーゲン収縮作用が高く、しわ・たるみ改善により効果的で、さらにダウンタイムを抑えることもできる。そのため40代、50代の女性を中心に全国から問合せが多く、その後もリピートする患者が多いという。
IntraGen(イントラジェン)とあわせて同クリニックで人気のVELOHIFU(ベロハイフ)によるたるみ治療と組み合わせることでより強力にたるみの引き締め・アンチエイジング効果を得ることができる。HIFUによる機器ではウルセラが有名だが、VELOHIFU(ベロハイフ)は照射エネルギーをマイルドにすることで痛みを軽減すると同時に、コスト面でもウルセラよりもリーズナブルに提供できるため、「HIFU治療に興味があるけど価格的に悩んでいる…」という方も気軽に体験することができる点で人気を集めている。
重院長によると、IntraGen(イントラジェン)、VELOHIFU(ベロハイフ)とも、「できるだけダウンタイムを少なくしたい」「じっくり長く続けられる治療をしたい」という患者の声にあわせて機器を選んでいるため、一度の体験で終わるというよりはじっくり何度も定期的に治療を行う患者が多く高い満足度を得ているという。

痒いところに手が届く、豊富な施術メニュー

さらに同院では、たるみ治療として人気のVELOHIFU(ベロハイフ)と同様のHIFUを使った切らない脂肪吸引マシンLIPOcel(リポセル)による痩身治療も人気だ。
少ない痛みでありながらも一度の治療で即時的に体感することができるため、脂肪吸引はちょっと怖いけど、太ももやお腹の周り、二の腕など気になる部位を少しだけ細くしたいという患者のニーズにあった治療だという。
これらの機器による治療の他にも、ヒアルロン酸、ボトックス、PRPといった注入治療なども行っている他、眼瞼下垂に関する相談も多く、プライマリ・リオペいずれも対応している。さらにフェイスリフト、ナチュラルホルモン療法、アートメイク、メディカルエステや専属コーチによるTRXトレーニング等も行うなど、気になる部分があると重院長に相談をすれば、治療に限らず様々な選択肢の中から最適な解決方法を提案できるようなラインナップになっている。

すべては患者目線。徹底したオーダーメイド治療で差別化

同クリニックには地元の北山エリアだけではなく兵庫、大阪、滋賀、愛知など幅広いエリアから患者が来院している。その理由について重院長は「京都への観光も兼ねているのではないですか?」と笑顔で応えるが、それだけではないはずだ。同氏はオーダーメイド治療にこだわっており、院内では季節限定のキャンぺーンや複数の治療を組み合わせたセットメニュー等をほとんど用意していない。それは患者によって治療へ対する想いも違えば、肌質も、来院できるスパンも違うからだ。そのため同院では、多少手間がかかっても、塗り薬、飲み薬に至るまで症状や状況にあわせて一つ一つ処方している。画一的な治療を用意するほうが一見すると安定した経営になりそうだが、そうではなく、徹底的に患者に寄り添ったオーダーメイドの丁寧なケアを行っているからこそ、同院には遠くから何度も通ってくるファンが多数いるのだ。

ネットで情報が手軽に入り、地域を跨いだ移動もスムーズ且つスピーディにできるようになった今、競合は近隣の病院だけではない。規模や知名度、価格だけではなく、患者に寄り添って、一人ひとりにあった治療を親身になって提供してくれる医師の姿勢が、これからの美容医療に必要とされる条件ではないだろうか。

【ドクタープロフィール】

しげまりこ皮膚科クリニック 重麻梨子 院長

近畿大学医学部附属病院 皮膚科入局し、関連病院に勤務後、医療法人社団美松会 生田病院にて皮膚科部長を経て、東京女子医科大学附属青山女性医療研究所に研究医として美容皮膚科・美容外科の研鑚を積み開業。

所属学会・研究会・認定医
日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、日本臨床皮膚科学会、日本抗加齢医学会、日本抗加齢美容医療学会、点滴療法研究会、日本アンチエイジング美容学会

高濃度ビタミンC点滴療法認定医、ボトックス認定医、VHO巻き爪矯正ライセンス取得医、日本救急医学会認定 ICLSコース修了、日本女医会、JAAS 日本アンチエイジング外科美容学会認定医、日本臨床水素治療研究会、

クリニック情報

しげまりこ皮膚科クリニック京都市左京区
住所
京都市左京区松ヶ崎六ノ坪町 4-5 ランブラス松ヶ崎 1階
アクセス
京都市営地下鉄烏丸線「松ヶ崎」駅 2番出口上がってすぐ
電話番号
075-744-0738
診療時間
午前9:00~12:00、午後13:00~17:00 ※火金:午後19時まで、土曜:午後13:00~15:00
定休日
水・日
URL
http://www.marikoclinic.com/

↑ページの先頭へ戻る