Focus!プロフェッショナル・ドクター

アンチエイジング美容医療業界における、
JAAS厳選のスペシャリスト達を取材・レポートしていきます。

全国から患者後絶たぬデンタルクリニック


中村デンタルクリニック

中村デンタルクリニック 中村 徳三DDS 朋美DDS

小児歯科、インプラント、審美などに加え
美容医療、デンタルエステを提供
JAASアカデミーで歯科アンチエイジング美容塾の
専任講師に就任

向かい風に晒されている歯科診療の経営環境にあって、いま患者が後を絶たない歯科医院がある、東京練馬のデンタルクリニックだ。
中村デンタルクリニックである。腕がいいのは当たり前、丁寧なカウンセリングと的確な治療で患者は周辺地域のみならず関東周辺や遠くは東北、さらには沖縄、遠く中国からも評判を聞きつけて来院する。決して、過度な宣伝をするわけではない。来院動機のほとんどが口コミだという。
治療にあたるのは中村徳三副院長と朋美院長だ。おしどり夫婦として評判の二人、その人柄から患者さんから患者さんへと輪が広がっていく。見たてが難しいと言われる小児の歯科診療から、矯正歯科、インプラントなどの口腔外科まで診療範囲は幅広い。診察、診断そして治療と二人の歯科医としてのスキルが高いことが来院する患者さんの魅力であることはいうまでもない。
中村デンタルクリニックでインプラント、咬合治療、審美、補綴、矯正そして歯科ヒアルロン酸治療を主に行う徳三DDSだ。
同クリニックで多忙な中、ヒアルロン酸注入の名医、池田 欣生医師から請われて東京皮膚科・形成外科歯科部門の顧問歯科医として月数回、同クリニックに赴く。ヒアルロン酸注射には長年修練してきた歯科口腔外科としての技術がものをいう。
時には口腔内からの上唇小帯切除からリップリフト術を行い口元だけでなく、鼻のかたち、高さも改善することで笑顔をつくりやすくさせる。また美容形成によるヒアルロン酸注入では限界があるほうれい線を、咬合治療で治していく。そんな徳三歯科医のスキルを歯科医としてではなく整容的な技術を認めたからこそ、先述の池田医師も招いたことは間違いない。

修業時代には政財界など著名人が受診するデンタルアカデミーでインプラント始め包括治療のインストラクターを行い、腕を磨いた徳三副院長だが………
「高額収入の方々だけに最新の歯科診療を施し続けることに疑問を感じるようになった。できるだけ多くの患者さんのために治療をしたい」として、クリニックを開院したのが現在のデンタルクリニックである。地域医療に貢献したい、とする徳三歯科医の思いが結実したことになる。
現在、「駆け込み寺」として徳三DDSのところに来院する患者さんの多くが、他院の修正治療だ。評判が評判を呼び、全国から患者さんが足を運ぶ。
一方、朋美DDSは小児歯科専門で今でも歯学部の非常勤講師として後継の指導にあたる。いわば、ご夫妻共に大学、アカデミーという違いこそあれ後継を育成してきた経緯をもつ。 
朋美院長のところに来る患者さんで最近とりわけ治療症例が多いのが「くいしばり」で、その副作用である咬筋肥大やほうれい線に悩む患者も少なくない。大人のみならず子どもにも増えているようだ。同院ではマウスピース療法、さらには抗炎症剤や筋弛緩薬を投与していたが、この治療によって全身の筋肉弛緩を併発してしまうことも。
そこで最近では、ボトックス注射で咬筋のボリュームを縮小させ改善をみせている。こうした中で主訴となる筋肉だけでなく関係する顎関節、表情筋などに独自のデンタルエステ術を考案、また口唇、口腔内への施術も実践している。そしてもう一つある施術によって新たな発見を見出している。
それがウルトラパルス、エレクトロポレーション、EMSさらにはLEDも搭載した「LADY MERRY」による施術法である。
「くいしばりは寝ている間に筋肉の緊張をもたらします。咬筋は幅広く厚い。まんべんなく照射して筋肉を弛緩させてやることが大事です」 
 朋美院長によれば、頸部から上部にかけての疼痛、咬筋肥大さらにはそれに伴う頭痛に、この美顔器の機能が功を奏すという。「くいしばり」のみならず、顎関節症の患者さんも少なくない。代表的な治療法、スプリント療法を選択してきたが、最近ではこの美顔器による施術で充分に効果が出るというから驚かされる。 
専門の小児分野が包括治療でもあることから、口腔内だけでなく全身まで診察、治療してきたその臨床経験がこのデンタルエステ理論と独自の施術開発につながったといっていい。
また歯科範囲だけでなく、主訴とその因果関係を全身まで診られる院長だからこそ、患者さんが後を絶たない理由がわかろうというもの。もちろん、心身に異常を見出した患者さんは提携の医師に回すことは言うまでもない。
 こうした包括治療を心掛ける朋美DDSが、歯科診療のなかで見出したエステ術は先述のとおりだが、さらに「表情筋リフト」にも関心が高い。胸鎖乳突筋、広頸筋とつながる表情筋に対して、歯科医の立場から、その施術理論を見出し、そのためにパワーアップした美顔器を徳三DDSと共に開発してしまう。
 その機種こそ、「LADY MERRY」だ。究極のマシーン!と銘打っただけのことはある。
 スキンケアからメイクアップまでこの一台ですべてが完了するからだ。従来品は美顔、美肌のためのスキンケアのための美顔器、あるいは振動ファンデーション、電動洗顔ブラシなどと、それぞれが単一の機能しかもたない。それをこの機種では、クレンジングから洗顔、その後の集中ケア、メイクアップまでを一台で済ませることができる。
 朋美院長がこだわる「表情筋リフト」も、もちろんこの「LADY MERRY」によって効果をもたらす。
 搭載された機能は、ウルトラパルス、EMS、中・高周波、LEDと、Dr Arrivoの優位性を踏襲している。
 装置に附属している専用のブラシ、パフを片側軸に差し込めば、クレンジングや洗顔、タッピングなどができる。振動モードでクレンジング、ブラッシングして、タッピングモードの切り替えで美容液を浸透していく。そして仕上げは1分間6000回の振動を起こすファンデーションモードで、2種類のパフを使い分けて毛穴やクスミを隠していく。
 こうした歯科医から考案したデンタルエステ術に精通する朋美院長、JAAS主催のエステティシャン養成講座でも、その経験と知識を披露する。
とくに老化現象でもある表情じわ、ちりめんじわ、たるみじわなどに対して、機械や医療製剤に頼らない独自のマッサージを同セミナーで伝授し、咬筋マッサージ、顎舌骨筋のマッサージ、顎周りの筋肉のエクササイズ、オトガイ筋のエクササイズなど、エステ現場でもすぐに導入できそうなこともあってか、受講者から好評を得た。
さらにエステサロンでもすぐに導入できるリップエステについて、実践も含めての講義も行っている。
 多彩な知識と経験そして何より優れた歯科治療のスキルをもつ徳三、朋美歯科医の次なる「教育現場」は、この10月から始まるJAASアカデミー 歯科アンチエイジング美容塾の開校だ。これから必須となる新たな歯科診療のメニューと実際を、系統的なカリキュラム8講座を用意して、講義とライブ供覧、修了時には寄贈検体を借りての歯科口腔解剖トレーニングとして繰り広げられる。
 専任の講師として惜しげもなく知識と技術を公開していく徳三歯科医は
「とりわけ医科・歯科との治療範囲で議論の絶えないヒアルロン酸注入などの美容医療では、あくまで美容医療との共存をめざしていく。そのためには歯科・医科との連携も視野に入れながら、安全で上達できる技術指導をしていきたい。そして注入に伴う副作用のリスクヘッジも連携によって担保できるはずです」と話す。
「老いていくのは何も顔や体形だけではありません。年を重ねていく年齢という漢字には歯という言葉があります。口元からも老けていくということは、歯科分野こそアンチエイジング診療の担い手にならなければいけないということでしょう」(朋美院長)
閉塞感漂う歯科医院の経営環境にあって、元気で精力的なお二人が、同じ思いをもち新たな歯科診療に意欲を燃やす歯科医たちに、この歯科アンチエイジング美容塾で「希望」を与えることを期待したい。

【ドクタープロフィール】

中村デンタルクリニック 中村 徳三DDS 朋美DDS

日本アンチエイジング外科美容再生研究会(JAAS)、JASS認定医

クリニック情報

中村デンタルクリニック東京・練馬
住所
〒176-0001 練馬区練馬4-15-2
アクセス
西武新宿線「豊島園駅」から徒歩2分
電話番号
03-6767-2825
診療時間
定休日
 
URL
http://nakamuradent-clinic.com/

↑ページの先頭へ戻る