Doctor’s LABOトピックス

産科婦人科専門医による「美と健康の応援サプリ」

矢追医院オリジナル化粧品ブランド「PAWVC7R」にサプリメントを追加

補充療法の理論をもとに、ニキビから骨粗しょう症までをサポート

発酵プラセンタを使ったベースサプリ
SAアミノ酸の一種アデノシルメチオニン含有も確認

産科婦人科専門医の矢追正幸医師が、「補充療法」の発想を取り入れたプラセンタサプリを新しく開発した。女性の不調にはホルモンが関係していることが多い。特に早い人では40代前半から始まる更年期症状においてはホルモンバランスが崩れるため、薬によるホルモン補充療法を行っているケースが多いが、治療内容によっては保険適用にならないため価格が高くなったり、継続して治療を行わないといけないなど、継続治療を行うには多少のハードルを感じる女性もいるだろう。また、身体の不調を訴え診療に来た患者の多くは、ビタミン剤やビタミン注射、プラゼンタ注射、さらに、ホルモン注射などの即時的な治療を期待している。このような状況の中で、もっと根本に効く解決策はないかと婦人科の視点で考えていた矢追医師は今回、日常生活における不足成分を補充することができる「美と健康の応援サプリ」を開発した。

日々産科婦人科の診療の中で、口周り・デコルテ・背中のニキビや吹き出物、身体の疲れや疲労、気分の落ち込み、むくみ、のぼせなど、様々な症状を訴えてくる女性が多い。
産科婦人科専門医の矢追正幸医師によると、そういった患者には必ず、「月経前のイライラや、予定外の不正出血はありませんか?」と質問をするという。20代でも50代でも、女性における不調にはホルモンバランスが関係していることが多い。女性ホルモン不足による機能性出血の場合は、黄体期のホルモン維持のために外因性の女性ホルモンを内服したり、注射で補充する治療を行う。閉経を挟んだ更年期における心身の不調には、エストロゲンの欠乏が関係しており、ホルモン補充療法や漢方薬、また場合によっては安定剤による治療が必要になる。
このように女性の身体の不調にはホルモンバランスの崩れが関係していることが多いため、矢追医師は診療の際に不正出血に関する質問をするそうだ。
こうした不調には特効薬はない。症状が悪化した際に一時的に治療を行うだけではなく、日々規則正しい食事、生活、運動をすることが大事だと日々患者に伝えているという。とはいえ、忙しい現代人は厚生労働省が定める必要量の成分を食事で摂取できていない人も多い。また若者に限らず、体調や病気などで必要量を摂取できない年配の方もいるだろう。そういった際に手軽に必要な成分を「補充」することができるものがないか?という点から考えつづけ、サプリメントの企画開発がスタートした。
発想の原点は産科婦人科専門医としての想いだ。ビタミン、葉酸、アミノ酸等の日々の不足分を補うことができるベースサプリ。食事や生活の中で「今日はビタミンが不足しているかも」と感じた日にはいつもよりも多めに飲むなど自分で調整しながら健康的な生活を送ることができる、補充療法の観点で作ったサプリだ。
矢追医院にはすでにオリジナルのコスメブランド「PAWVC7R」がある。PAWとは「Pigmentation:色素沈着・シミ」、「Acne:ニキビ」、「Wrinkle:しわ」を組み合わせた言葉で、様々な美容の悩みを考えたこだわりのあるコンセプトにしている。コスメは、CoQやビタミン A・C・Eと皮膚老化や紫外線ダメージにより失われる必須アミノ酸を配合。また女性だけではなく、男女とも加齢につれて気になるシワ、たるみ対策として、アルジルリン(アセチルヘキサペプチド‐8)を配合し肌のハリ感も考慮したローションとジェルだ。通院の間のホームケアとして、また定期的な通院は難しい方などにも自宅で愛用いただいているという。
今回はこのオリジナルブランド「PAWVC7R」シリーズに、「体内から美と健康維持を応援するサプリ」が追加される。

矢追医師が開発した今回のべースサプリは、プラセンタエキスをメインとして、女性に必要な7つの成分を中心に配合されている。発酵プラセンタエキス、 DHEA前駆体のジオスゲニン、 生姜ジンゲロール、生きた乳酸菌、葉酸、亜鉛、ビタミンD3などを配合している。
婦人科の観点でホルモンからのアンチエイジングをコンセプトとし、血行障害による病気の方や、不妊治療中の方、更年期症状の方や偏った食事が多い方に向けた、骨粗鬆症予防も考慮したサプリメントだ。
プラセンタの主な機能性成分は、活性ペプチド(成長因子など)や活性アミノ酸である。これらの成分は、胎盤の中でも胎盤漿に多く含まれると考えられており、プラセンタエキスの機能性を左右する。一方、これら活性成分を測定することが非常に難しいため、今まで、プラセンタは他のサプリでも摂取できるようなアミノ酸・ビタミン・ミネラルばかりが注目を浴びてきた。
今回使用した発酵プラセンタは、酵母菌による発酵と熟成でSA(スーパーアクティブ)アミノ酸の含有量を高めたプラセンタエキス末であり、SAアミノ酸の1つアデノシルメチオニンを含むことが日本で初めて確認された原料である。
アデノシルメチオニンは、抗炎症ならびに肝機能改善など様々な効果が知られており、プラセンタの効果と共通点が多い。この発酵プラセンタは、既存のプラセンタの特色や効果をさらに高めた原料と言え、ワンランク上の美容効果やアンチエイジング効果なども期待できる。
矢追医師はこう話す。
「女性にとってホルモンバランスを整えることはとても大事です。ホルモンの崩れは若い女性ならニキビ、30代以上の女性なら冷えやむくみ、体調不良など更年期障害や骨粗鬆症にも影響を与えます。今後起こりうる病気に少しでも備えられるよう、そして日々の体調管理のために、必要成分を補充・維持するという発想を持っていただきたい。食事などでは摂取できないこともあります。そんな時にこの「美と健康維持」応援サプリで補充するという発想を持っていただくと、心も少し軽くなるかもしれません」
矢追医師によると、商品化は年明け1月下旬頃をめざしているという。矢追医院内ではもちろん、通販サイトや薬局でも取り扱う予定だ。またすでにクリニックやエステサロンから取扱に関する問合せも多数あり、決まっている施設もあるという。ご興味ある方は矢追医院(電話:03-3890-3387)まで。

↑ページの先頭へ戻る