Doctor’s LABOトピックス

第4回フォーラムを終えて

第4回JAAS東京Live Forum
The 4th LiveForum for Anti-Aging Surgery & regenerative Medicine Organized by JAAS

「他科専門医」の参加目立つ
風通しの良さも好評の一員

実行委員長(JAAS理事長)
山本 豊MD(医療法人 豊季会 山本クリニック院長)

本研究会のフォーラムも第4回を無事に終えることが出来た。今回のテーマとして根底に置いたのが『実践』である。講習会、その他の行事でも、これは変わらないことであるが、診療や施術のみならず、広くか関わりがある事柄を『実践』と銘打ち進行したつもりである。
とくに広告規制の問題や訴訟に関わる問題、経営的な数字の問題を一線で働く弁護士、税理士の先生方からも御講義いただいたことは、参加者からも感嘆の声が上がるほどの反響であった。
2日間を通して、感じられたことは『どのプログラムからも目が離せない』という参加者の熱意であった。 現実として、休憩時間以外に離席するものがほとんどいなかったという事もこのことを物語っているのであろう。
参加者の内訳をみると、新規入会が10%以上を占め、本会に対する関心の高さをうかがい知ることが出来た。また、参加医師も形成外科、皮膚科、産婦人科、外科等の他科の『専門医』が多かったことも、美容医療に対する関心の高さが、医療業界全体に広まっていることを如実に物語っている。
さらに、展示にご参加いただいた企業選定も、日常使用する機材や材料を取り扱っている会社をメインにさせていただいたことが、主催者側の“こだわり”の部分であった。
こうした中で、参加者からは、演者に気楽に質問でき、その場で問題を解決するような全体的な『雰囲気』、いわば『風通しの良さ』には、他に類を見ないというコメントが多数寄せられたことは、主催者側としての誉でもある。
また、第4回を企画するにあたり、『現場の技術』と集患、集客を始めとした様々な『経営者としてのセンス』に対して、大手美容外科の経営陣にご講演をご依頼したことも、今回の大きな特長であった。
美容外科の運用には、各医療機関独自の『経営の肝』があるが、これらを惜しげもなくお話しいただけたことは、この会の熱意が各経営陣に伝わったためではないだろうか。各々のクリニック等の医療機関を経営している先生方からも、『めったに聞けない内容であった』、『これ以上に実践的な内容は考えあられない』等のコメントをいただくことが出来た。
会の最終日に参加された方々から『来年は、何をやるのですか?』という質問を多く受けたが、現段階では何とも言えないというのが現状である。一つだけ確かなことがあるとすれば、来年も『現実的な』ものを中心に『翌日から使えるような内容』にしたいと思っているということだけである。

1 強まる医療機関ホームページの規制そして歯科口腔外科の治療範囲いわゆるヒアルロン酸注入が是か?非か?について、法律家の立場から鈴木弁護士が提言した

1 強まる医療機関ホームページの規制そして歯科口腔外科の治療範囲いわゆるヒアルロン酸注入が是か?非か?について、法律家の立場から鈴木弁護士が提言した

2 2日間にわたり開業プラン、法人設立に関わる会計、税務の問題を解き明かした鈴木税理士。参加した医師を前に、さながらゼミナールと化した。

2 2日間にわたり開業プラン、法人設立に関わる会計、税務の問題を解き明かした鈴木税理士。参加した医師を前に、さながらゼミナールと化した。

3 JAASでは、4回目となるTBSの取材を受けた。フォーラム会場で撮影クルーの取材を受ける久保医師

3 JAASでは、4回目となるTBSの取材を受けた。フォーラム会場で撮影クルーの取材を受ける久保医師


4 フォーラム会場隣りに設けられた学術展示会場だが、2日間、6社の講演、デモ実演が本会場で行われた(写真は初日に実施されたヒアルロン酸自動注入器の実演。山本医師が試し打ちに協力した)

4 フォーラム会場隣りに設けられた学術展示会場だが、2日間、6社の講演、デモ実演が本会場で行われた(写真は初日に実施されたヒアルロン酸自動注入器の実演。山本医師が試し打ちに協力した)


5 「実践」を銘打った4回フォーラムの見せ場、聴きどころは、現場での医療経営の実際。開業間もない3人の医師が惜しげもなく、その苦労と現状を話した(開業座談会より)

5 「実践」を銘打った4回フォーラムの見せ場、聴きどころは、現場での医療経営の実際。開業間もない3人の医師が惜しげもなく、その苦労と現状を話した(開業座談会より)


6 25年で25店舗を運営する城本クリニック。医師であり経営者でもある森上医師からレクチャーされた経営スキルは参加医師らに大きなヒントを投げかけたはずだ

6 25年で25店舗を運営する城本クリニック。医師であり経営者でもある森上医師からレクチャーされた経営スキルは参加医師らに大きなヒントを投げかけたはずだ


7 ロシアの幹細胞療法の現状と、アジアを拠点に培養センター・クリニックを展開し医療ツーリズムを行うMedicoordinator社アレクセイ代表

7 ロシアの幹細胞療法の現状と、アジアを拠点に培養センター・クリニックを展開し医療ツーリズムを行うMedicoordinator社アレクセイ代表


8 皮膚外科医として活躍する柴田医師は、眼瞼形成の失敗から成功症例までの変遷をあえて投げかけながら、症例の情報共有の必要性を訴えた。

8 皮膚外科医として活躍する柴田医師は、眼瞼形成の失敗から成功症例までの変遷をあえて投げかけながら、症例の情報共有の必要性を訴えた。


9 他科専門医がどのように美容医療を導入していくか?その実体験を婦人科専門医である矢追医師が発表し、他科の医師にとってスキル向上や情報交流のためにJAASの存在は欠かせないと強調した(演者に贈呈される記念メダルを山本医師から授与される)

9 他科専門医がどのように美容医療を導入していくか?その実体験を婦人科専門医である矢追医師が発表し、他科の医師にとってスキル向上や情報交流のためにJAASの存在は欠かせないと強調した(演者に贈呈される記念メダルを山本医師から授与される)


10 フォーラム圧巻の見せ場、2次元同時中継のライブが今年も2日間にわたり4つの手術が会場に放映された。

10 フォーラム圧巻の見せ場、2次元同時中継のライブが今年も2日間にわたり4つの手術が会場に放映された。


11 鎌倉統括院長は「他科から技術を美容医療に転用するだけでなく、これからは美容医療から他科に技術移転をする時代」と提言した。聖心美容外科のセリューション豊胸術はまさに、その先兵役を担う。

11 鎌倉統括院長は「他科から技術を美容医療に転用するだけでなく、これからは美容医療から他科に技術移転をする時代」と提言した。聖心美容外科のセリューション豊胸術はまさに、その先兵役を担う。


12 美容外科に求められるコミュニケーション能力とその実際を講演した田中医師。参考にすべき多くのヒントが隠されていた。

12 美容外科に求められるコミュニケーション能力とその実際を講演した田中医師。参考にすべき多くのヒントが隠されていた。


13 成功したからこそ説得力がある。昨年に続いて湘南美容の経営ノウハウの「秘中の秘」を明かしてくれた相川総院長の講演には会場内が静まり返った。

13 成功したからこそ説得力がある。昨年に続いて湘南美容の経営ノウハウの「秘中の秘」を明かしてくれた相川総院長の講演には会場内が静まり返った。


14 エビデンスのあるエステ術を実践する服部氏が、独自のハンドテクニックを公開した。

14 エビデンスのあるエステ術を実践する服部氏が、独自のハンドテクニックを公開した。


15 小規模にも関わらず、商談率は群を抜く。そんな感想がフォーラム終了後、出展社から数多く寄せられた。

15 小規模にも関わらず、商談率は群を抜く。そんな感想がフォーラム終了後、出展社から数多く寄せられた。

↑ページの先頭へ戻る