美容アンチエイジング業界コラム

[ 2014.7.3 ] 予防医療の時代の幕開け

インタビュー記事を掲載するにあたり、いま幹細胞治療を取り巻く状況を整理してみたい。

[ 2014.6.25 ] JHM 薬事法を学ぶ

具体的な事例を挙げて説明しましょう。
たとえば、美容サプリメントを販売したいとします。美容という言葉からは得られるメリットとして「キレイになる」ということが連想されますが…

[ 2014.6.16 ] 中間医師、幹細胞治療の行方を憂う

インタビュー記事を掲載するにあたり、いま幹細胞治療を取り巻く状況を整理してみたい。再生医療新法における「細胞加工物」としての幹細胞治療の規制である。

[ 2014.5.20 ] 酵素・水素の臨床学会立ち上げ

一般社団法人日本酵素・水素医療美容学会は発足した。理事長には、第一人者の内藤眞禮生医師が就任。話題の水素・酵素栄養学を学べるプロフェッショナルインストラクター講座も…

[ 2014.5.12 ] JHM話題追跡 危ういコンサルの罠

Web集客会社が化粧品販売で、的外れなマーケティング論!?開業支援では高額なコンサル費と永続的な中間搾取強いられる…

[ 2014.4.14 ] エステ業界に光射す!?

さらに、エステの施術とあわせて関連美容商品や家庭用美容機器を追加提案することで相乗効果をアピールするサロンも目立ち…

[ 2014.4.14 ] 加速するアンチエイジング美容外科 その一

5年前、本紙の呼びかけに呼応するかたちで、これからの美容外科、医療を考え、そして新たな渦を巻き起こしていこう!とする…

[ 2014.4.11 ] ロシア美容医療の市場拡大

アメリカや欧州でもまた例外ではなくなっている。施術部位では、日本が顔、目、鼻、体系の順に需要がある反面…

[ 2014.4.9 ] 『美容医療の総合予備校』動き出す

このような、現実を打破し、自分の身に着けたい技術のみをピンポイントで学習する、あるいは系統講義のような技術学習の機会には…

[ 2014.4.8 ] JHM論説 提言 ㈱ヘルスビジネスマガジン社 代表取締役会長 木村 忠明氏

この学会の基調講演のトップに登場したカルフォルニア大学サンフランシスコ校医学部の臨床の準教授のビクトリア・スイート博士は…

↑ページの先頭へ戻る