美容アンチエイジング業界コラム

[ 2014.11.6 ] 両親媒性抗酸化物質「E6」 血液脳関門の移行と中途覚醒抑制作用

7月徳島で開催された第39回日本睡眠学会学術総会で渡辺オイスター研究所・渡辺 貢代表(医学博士、畜産学博士)に対して…

[ 2014.11.4 ] 追跡:美容アンチエイジング市場

20年ほど前から育毛・発毛に関連するヘアケア商品を開発・販売しているイー・ケイ・コムでは、取り扱う育毛サプリメント…

[ 2014.9.10 ] JHM 薬事法を学ぶ

日本では薬事法上、脳や関節など身体の部位を示す語句を使った表示、表現は一切できませんが、機能性表示が認められると例えばルテインを配合している商品に関して、

[ 2014.8.22 ] 社説 ドイツの旅路で思う

さて、ドイツ代表の中に移民二世が少なくないことをご存知だろうか?FW、MF、DF各ポジションにチームの主力選手がいる。

[ 2014.8.8 ] JAASアカデミー第1回春季公開講座を振り返って

5月25日、JAASアカデミー初の公開講座が行われた。今回のテーマは、「自費診療といかに向かい合うか」を掲げ、JAAS会員やアカデミー塾生の他に、

[ 2014.8.4 ] 「野放し」エステ脱毛に歯止めかかる!?

最近では今年4月に、姫路のエステサロンが無資格の従業員に光脱毛をさせたとして逮捕され、5月に罰金100万円の略式命令が下っている

[ 2014.8.1 ] JHM 薬事法を学ぶ2

中小企業にとってトクホ市場というのは、極めて限られた効能効果、素材のチョイス、さらに強い競合がひしめき合う狭い市場のため、効能効果を言えたとしても大手の広告宣伝力、資本力で容易につぶされてしまうでしょう。

[ 2014.7.3 ] 予防医療の時代の幕開け

インタビュー記事を掲載するにあたり、いま幹細胞治療を取り巻く状況を整理してみたい。

[ 2014.6.25 ] JHM 薬事法を学ぶ

具体的な事例を挙げて説明しましょう。
たとえば、美容サプリメントを販売したいとします。美容という言葉からは得られるメリットとして「キレイになる」ということが連想されますが…

[ 2014.6.16 ] 中間医師、幹細胞治療の行方を憂う

インタビュー記事を掲載するにあたり、いま幹細胞治療を取り巻く状況を整理してみたい。再生医療新法における「細胞加工物」としての幹細胞治療の規制である。

↑ページの先頭へ戻る